2006年06月01日

日々トレーニング

富士登山へ向けて、健康に注意しつつモチロン不摂生もしないよう・・にということで、

寝不足にならないようにblogの更新もオヤスミしていましたが

ちょこっと更新です。

mybicycle.JPG

冬に買った自転車。

暖かくなったら乗ろうと思いつつ、車でばかりの毎日なのですが

思いきって裏の山までトレーニング(?)試乗にひとまわりしてきました。


sunset531.JPG

今日の太陽は、でっかく見えました。



「おーい、富士山〜 待っててね〜」

富士山は見えないけど、(心の中でつぶやいてみる・・)

夏までに体力をしっかりつけなければ!

もう、気分は登山モード突入です。




posted by Youyounonbiri at 00:53| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

大山に行ってきましたB

熊笹のたくさん生えている斜面の中のけわしい石段が続きます。

上に行けば行くほど、足が重くて(体が!)・・・

早くから登った人々はもうどんどん降りてきます。

「がんばって〜、あと少しですよ〜」なんて、声をかけてくれる人もいて、

汗をかきながら必死で登りました。


のこり8丁をなんとか登りきりました!


oyamatop.JPG

oyama.JPG

大山頂上本社 標高1247m
(地図は、1251mと表示されてマス)

到着の時間はというと、13時ジャストです。

もっと遅いかと思いましたが・・・下社から約1.5時間です。

私たちは、おじさんが言っていた標準の足のようでした!\(^-^)/

view5.JPG
クリックすると大きくなります。4枚合成

v1.JPG


頂上からの眺めは、雄大です。
上からの眺めはすばらしい!ぐるっと海まで見渡せました。

この景色を見たら、今までの疲労がいっぺんでふっとびました。

お昼のお弁当はおいしくモリモリ食べられました。

たくさんの人が思い思いにお昼を食べています。
ミニコンロでお湯をわかして、ラーメンなんて食べている人もいました。
山頂は、風が強かったので暖かいものがいいですね。


少し休憩して、こんどは下りです。13:40出発

トイレ脇に「野生の鹿に注意」という立て札がありました。

私たちは、登ってきた道とは違う見晴台というところを経由して日向薬師方面の道を行きました。(大山・九十九曲がりコースというらしいです。)

見晴台というところは、その名前だけあって辺りが開けて山の峰々がよく見渡せるすばらしい景観のところでした。14:45着


ここではおやつタイムで小休止。
いい具合に、木のテーブルとイスが並んでいて、登山のサークル集団の方々が休憩していました。

oyamasaku.JPG

ところどころに小ぶりの大山桜が見られました。

途中、横浜のランドマークまで確認できるポイントもありました。

下りといえども、急傾斜のところもあって滑らないように気をつけて歩きました。

登山の人々のために丸太で階段をつくって山道を整備した方のご尽力に感謝です。

九十九曲がりコースというだけあって、自然豊かな山道をひたすら降りていきます。

sumire.JPG

途中、スミレが斜面にたくさん咲いていました。

こちらのコースは、登ってきた時と違ってあまり人が通りません。

山を降りきったところで、「熊に注意!」という看板が!

(へぇ〜、知らなくて良かった〜)

地上に降りて、今度は下から見上げる遠くの山々は、祖父母の住んでいたなつかしい景色に似ていました。

雄大な自然の中、畑や田んぼがあって心がなごみます。
「猿に注意」という看板が!
畑が、猿に荒らされないようネットが張ってあるところもあります。

自然と共生するのも、大変なんですね。

川沿いの道では、マス釣りやバーベキューができるところもあり、また来たいなぁ〜と、思いました。

新緑が鮮やかで、山も喜んでいるようでした。

約2時間ほどで日向薬師バス停に到着です。(16:40)

くたくたの体でしたが、バスは始発なので乗る人も少なく座れてホッとして伊勢原駅までの帰路につきました。

oyamasakura.JPG

大山登山は、きつかったけれど登りきった達成感と爽快感は、たまりません。

日頃の運動不足を痛感した私ですが、

忘れられない思い出の一つになりました。

Tさんと語り合いながら、大変楽しく行けました。

Tさんありがとうございました!

なにより、無事に帰れてよかったです。

これに懲りずに、またがんばりたいと思います。(p^-^)p ファイトq(^-^q)

自然を求めて、いろんなところに行きたいなぁ〜

それには、体力づくりね。p(^-^)q

*丹沢・大山へは、小田急のフリーパスというお得なキップ(2日間有効のフリーパス)があるようです。
posted by Youyounonbiri at 01:49| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

大山に行ってきましたA

shimosya.JPG

view.JPG

天気がよくて、はるか湘南海岸が見渡せました。

さあ、これからが本番です!

安夫利神社下社をあとにして、急な坂が見えてきました。

たしか小学校5年生の頃、登ったことがありますが・・・
下りはひざがガクガクしてしまって、かなりハードだった記憶があります。

さきほどのお店のおじさんが、「28丁目までめざしていくんだよ」と、おしえてくださいました。

出発は、11時30分。標準の足だと約1時間30分ほどで山頂に着くそうです。

4th.JPG

4丁目にさしかかりました。

こんな石の標識がところどころに立っていて、登る目安になります。

林の中は、急な坂道とごろごろとした大きな石段がつづきます。

もう既に早くから登った人たちがどんどん降りてきます。

「こんにちは〜」と、山の人々と挨拶をかわしお互いに道をゆずり合いながら通過します。

急な坂道で、ぜいぜい息もきついのでこちらは必死です。

登っても登っても、まだまだ急な坂道。汗だくになりながら、ひたすら登り続けます。

7th.JPG

meotosugi.JPG

樹齢5、600年を経ている縁起のよい夫婦杉に出会いました。

大きかった〜!

oshimasak.JPG

ところどころに大山桜が出迎えてくれ、しばし疲れも忘れさせてくれます。

14th.JPG

14丁目、やっと半分まできました。
ぼたん岩って、彫ってあります。名所のようです。

だんだん足も疲れてきました。

すると、「がんばって〜 もうすぐ景色がよいところに出ますよ〜」なんて
もう頂上についたのかと錯覚してしまうと・・・

viewoffuji.JPG

富士山がみごとに見えました!

山頂は、光り輝いているように見えました。



fujimi.JPG fujimidai.JPG


20丁目、富士見台 標高1062mです。
立て札には、
大山の中で、ここからの眺めは絶景であり、江戸時代は浮世絵にも描かれ茶屋が置かれ、来迎谷とよばれている。とありました。

昔の人もこの景色を見て、しばし足をとめて観ていたんですね。

この景色を見たら、疲れも吹っ飛びました。
辺りでも写真を撮り合って 皆元気を取り戻しているようでした。

ここまできたら、あと少しと・・・
一休みして気合を入れて、また山頂を目指しました。

posted by Youyounonbiri at 01:19| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

大山に行ってきました@

trashoe.JPG
4/22(土)に丹沢の大山に行ってきました。

前の週は雨で中止となってしまい、この日は天気予報では「バッチリ晴れ」だったので、急遽 念願だった大山にTさんと行くことになりました。


たのもしいASICSのmy登山靴デビューです。






小田急線の伊勢原駅より、大山ケーブル駅まではバスです。

バス停にはたくさんの登山客でいっぱいでした。

バスを待つ間、空にはひこうき雲が!

20060422sky.jpg

元気に出発できそうな気がしました。

駅周辺の市街地をぬけると、だんだんと急坂となり少しづつ山を登っているのがわかります。

45分ほどで、終点に着きました。

trashoe.JPG

いよいよ登山開始です。

start.JPG

おみやげ屋さんの立ち並ぶ坂道の参道を抜けていきます。
とうふ懐石とか、しか鍋・しし鍋とか書かれたお店もあります。

にぎやかな通りを過ぎ、追分からは女坂・男坂という道が分かれています。


onnasaka.JPG  yaesakura.JPG


私たちは、ややなだらからしい(?)女坂へ

20060422clover.JPG

山のクローバーは、ちょっと形が違って見えました。

途中、浦島草とよばれるへびが首をもたげたような色も形もあやしげな草がたくさん見られました。(家に帰って調べみたら名前が判明)
写真を撮ったはずなんだけど・・・消してしまったみたい。

20060422sakura.jpg

こちらは、大山桜と呼ばれる桜のようです。

花は、こぶりでちっちゃめでした。
平地に比べて寒いから開花時期も遅いようです。

大山で桜が見られて、感激でした。

登山道には、ところどころに看板が立っています。

kobousui.JPG  kobouwater.JPG


sevensecret.JPG

弘法大師にまつわる言い伝えがあるようです。

大山は、ハイカーたちの集まる登山だけでなく昔から「あふり山」「雨を降らす山」の意味で、山頂にある安夫利神社は江戸時代から庶民の雨降り信仰を集めたそうです。

30分ほど登っていくと大山寺に。
本尊「不動明王像」は、成田、高幡と並ぶ関東三大不動のひとつだそうです。

かわらけ投げとか鐘つきとかができるようです。

そこからの眺めは、けっこう高くまで登ったかな〜と、一息つけました。

いい汗をかきながらさらに30分ほど登ると開けた場所に。

安夫利神社下社の下には休憩所が数件並んでいて、私達を歓迎してくれました。

おだんごやらおそばやらおいしそうなものがたくさんです。
立ち寄っていくようおじさんおばさんたちがにこやかに出迎えてくれました。

ここで小休止することに。

tofusoft.JPG

Tさんはカップのとうふアイス
わたしは、とうふソフトなるものをたのんでみました。

豆乳をソフトにしたカンジで、栄養が体にしみわたり今までの疲れが少し回復したようでした。


元気になったので、「行ってきま〜す」と、山頂をめざして手を振って再び出発しました。

posted by Youyounonbiri at 21:46| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

富士山麓ウォーク

富士山本宮浅間大社を出発して、街の中の道を通りぬけひたすら歩きました。

しばらく行くと雲に浮かぶ富士山が見えてきました。

fuji1.JPG

この日は、お天気がよくて歩いているとしっかり汗をかいてしまいました。

町を抜け、民家もまばらになってきました。
白壁に菜の花映えて美しかったです。

fujinano.JPG


ずっと富士山がついてくる・・・って、山麓のコースだから私たちが離れてないだけなんですけど。

ゆるやかな登り道だけど、ずっと長く続くとけっこう疲れてきます。

mitsumatatofuji.JPG

でも、こんな景色を見ると疲れもどこかにとんでいってしまいます。

geba.JPG

ここは、狩宿の下馬桜

「国の特別天然記念物。
この地は狩宿といわれ源頼朝が富士の巻狩の際に陣屋を設けたところと伝えられる。
狩宿の下馬桜は、別名駒止の桜と呼ばれ、源頼朝が桜の枝に馬をつないだと伝えられる」

との説明書が建ててありました。



ここからは、ゴールまではあとちょっと。


shiraitofall.JPG

ゴールの白糸の滝に着きました。

kamosan.JPG

カモが気持ちよさそうに泳いでいました。


滝の流れって見ていて気持ちがいい。

汗をかいたあとだからよけいにそう感じたのかも。

shiraitofall2.JPG

露天のお店で五平餅をほおばり、おみやげ屋さんでおいしいコーヒーを飲んで一息ついてきました。

*Sat,11 Mar *13km 約3時間*

posted by Youyounonbiri at 00:12| ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

富士山麓ウォークへ行ってきました

sengentaisya.JPG

先週の土曜日に富士山本宮浅間大社〜白糸の滝まで

歩いてきました。(13km 約3時間。予定では、4時間30分)

komainu.JPG

出発前に、ちょっと見学です。

狛犬くんが迎えてくれました。

hikouki311.JPG

それから、ひこうき雲も。

taisha.JPG

ここは、歴史的に由緒のあるところなのですね。

本殿は、徳川家康の寄進によるもので浅間造り(二重楼閣造り)と称して国の重要文化財に指定されているそうです。
後ろに馬に乗った像がちらっと見えていますが、桜の馬場と名づけられているところです。

源頼朝が巻狩を行ったときに流鏑馬を奉納したのにはじまり5月には流鏑馬祭りが行われるそうです。

posted by Youyounonbiri at 22:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

リーチ

0203.JPG  209km.JPG

2月3日と9日は、偶然にも同じ距離数でした。

まあ、だいたい同じコースを歩いていますけどぴったり一緒というのは、偶然にしてもうれしくなってしまいました。

shinkokyu.JPG  item.JPG

富士登山をめざして夏の終わり頃から歩いていますが、一人ではなかなか歩こうなんてトレーニングに励めません。

誘ってくれる仲間がいて、トレーニングに出かけるというよりも

話ながら歩くのが楽しいから続いているのかな!

最近は、エアロビクスにも通いだしました。

続けられるといいな〜


kamo.JPG

posted by Youyounonbiri at 00:25| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

高尾山 その2

takao3.JPG

高尾山は、東京新宿から京王線で47分(片道370円)という都心からも近くて、自然がいっぱいのところです。
高さは、599mです。

13states.JPG

昔は、13州見晴台と呼ばれたほど眺望が良かったところだそうです。
晴れていれば、富士山がよく見えるそうです。

この日は、あいにく見られませんでした。
冬至のころは、山際に夕陽がかかるダイヤモンド富士と呼ばれる景色が見られるらしいので、一度は観たいと思っています。


森には山の自然の草花がたくさん。動物、野鳥やたぬきやイノシシ、リスなど生息しているそうです。

高尾山からは、また違った道が開けていて健脚のかたはさらに足を伸ばして陣馬山や景信山などへ行かれるようです。

季節折々に見られる絶景のポイントを求めて、常に楽しめるのですね。

都心からこんなに近くて、手軽に行ける高尾山はまさに都会人のオアシスです。

自然だけでなく、歴史的にも高尾山薬王院有喜寺という古いお寺や天狗にまつわる話や弘法大師のお話など伝説や民話等ありとても興味深いところでもあります。



さて、山頂に到着した私たちは、お昼を食べようとしていたら・・・

1週間に2回は来られるというおじさまに遭遇し、お昼のお相伴にあずかりました。

そのかたは、煮物から漬物すべて手作り。お箸も湯飲みも手作りの竹製、そして甘酒や携帯用コンロまで持参されてこられていました。ビックリ!
高尾が大好き、山、自然が大好きなおじさまのようでした。

dishes.JPG

ごちそうさまでございました。(∩.∩)

viewtop.JPG

頂上からの眺めは、ちょっと曇ってしまってよく見えませんでした。

shiromidai.JPG

view3.JPG

こちらは、登りで撮影したもの。遠くまで見えるときは東京タワーも房総半島まで見えるらしいです。

でも、ここにも開発工事の手がしのびよっていました。

新しそうな道が見えています。

ネットで検索したら、高尾山の自然を守る市民の会というものを見つけました。
http://www.naturetakao.com/
そこで、
高尾山トンネルの計画見直しを求める請願として、高尾山の自然を守るために運動をしていることを知りました。


************************************

街頭署名News

今年の高尾山口街頭署名は、3月から6月まで、9月から11月まで行います。
2006年3月5(日)から始めます。
集合時間:
am9:30(11:30まで) 
集合場所:京王線高尾山口駅前(緑色の署名の旗を目印に来てください)

************************************

と、ありました。
現地にいかれなくても、インターネット署名というものもやっていました。

興味のある方、高尾の自然を愛する方がこれを読まれたら
ぜひ、ご協力をお願いしたいと思います。

貴重な自然は、人間の手によって崩されてしまうと生態系が変わってしまってもとにもどすことはできません。

自然を次の世代に残していかれるのなら・・・ちょっと不便でも、そんなに便利にならなくてもやっていかれるのだから・・・

貴重な自然を残していかれるよう努力したいと思うのです。

よかったら、見てみて下さいネ↓
bana3.gif

posted by Youyounonbiri at 01:45| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

高尾山へ行ってきました

info.JPG

富士登山チームのTさんとNさんに連れられて、高尾山へ行ってきました。

TさんもNさんも高尾山は何度も登られていて、ベテランの方なので私はその後をひたすらくっついていきました。

過去に2度(小学校とあとずいぶん前にも)登ったことがあったのだけれど、もうしばらくぶりなので忘れてしまいました。

info2.JPG

京王線高尾山口駅から川沿いの道を歩いて、いよいよ登山口です。
案内の掲示板が「東海自然歩道 起点」と建っていて
----------------------------------------------------------------------------------

東海自然歩道は「明治の森高尾国定公園」と大阪の「明治の森箕面国定公園」を結ぶ、緑豊かな自然と貴重な歴史を伝える文化財をたずね、心身の健康と安らぎを与える全長1,342.7のkmの長距離自然歩道です。

----------------------------------------------------------------------------------

と書かれていました。

komichi.JPG

8:40出発

登っていくにしたがって、徐々に急坂になってきました。

takao2.JPG

幸い、お天気もよくて気持ちのよい日でした。
登っていくうちに、急坂で汗をかいてしまいました。

小休止をして、Nさん手作りのパンをいただいてまた元気がでました。

森林の香りを胸いっぱいに吸い込んで、生き返るようでした。

登山道の途中で、すばやく動くものの気配がしました!

risu.JPG

リスです。
何かを食べているようでした。

途中の浄心門から迂回してつり橋(4号路コース)を見たかったのですが、雪の残りが凍っていて危険なため、断念してカツラ林コース(3号路コース)を行くことにしました。

mt.takao.JPG

takao.JPG

11:30 いよいよ山頂に到着しました。

続きはまた明日・・・


posted by Youyounonbiri at 00:21| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

富士山への道-4

stepy.JPG



27日に歩いた距離です。5.47kmだって。

少しは、体力がついたかな〜

ところどころにこの前の日曜日に降った雪が残っていて、風がつめたかったです。。。

寒くて 外に出るのに身震いしちゃうけど(>.<)、少し歩いてしまうと体がポカポカしてきます。q(^-^q)
posted by Youyounonbiri at 23:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

ハイキングに行ってきました

hikoukigumo.JPG

休みのあいだに富士登山チームのみんなと四季の森公園周辺にでかけました。

この日は、とってもいい天気で文句なしの青空でした。

数えたら、この日は10本はひこうき雲が見えたでしょう!




この公園は、自然の山の中にあるので四季を通じて楽しめます。
ここでは休みの日など家族連れやいろいろな仲間同士、たくさんのかたが思い思いにすごしています。

ジャズの演奏とかイベントもいろいろと開かれるのですょ。

森の小道からはフルートの音色が聞こえてきました。
楽器の練習をしている人がいました。

sumiuakigoya.JPG

炭焼き小屋がありました。

suishagoya.JPG

水車小屋の近くには菖蒲園もあります。

花の時期には、きれいな菖蒲の群生が見られます。

夏は、蛍も見られます。

心地よい森の香りを吸収して心身ともにリフレッシュしました。

chusha.JPG chushakinshi.JPG


道中では、こんなワンちゃんが見張っていました。


sokko.JPG

見たことのない側溝のフタ発見!新しいのかな?
中央に横浜市のマークがあります!


それから、長坂谷公園にも立ち寄りました。

広くてきれいに整備された公園でした。

入ってすぐの芝生の広場では凧揚げをしている人、ウォーキングに励んでいる人、ボール投げをしている人。
思い思いに楽しんでいました。
テニスコートもあるし、野球場、サッカー場もあります。

fukusuke.JPG

これは、お手製の福助凧。
(遠くから見たら、フクロウに見えちゃった)

あっ!からす〜

tako.JPG

tako2.JPG

tako3.JPG

・・・では、ありません。

これもゴミ袋でできたお手製の凧です。

ナイスなおじさまからお話を聴かせていただきました。


いいなぁ〜自然の風のなかですごすひととき。

久々にお日様の光を思いっきり浴びてウォーキングできて楽しい1日でした。



sunset0108.JPG


















2006年01月07日

富士山への道-3

533.JPG

その後の富士山登山へ向けてのご報告です-☆

(みなさん心配している?) あ、いないか・・・(o_ _)o ドテッ!

毎週、歩けるときはチームのメンバーのかたがたと歩いております。

坂道も息切れせずとも登れるように、トレーニングを受けております!

今日は、な・なんと!

5.33kmの表示が!

ちゃくちゃくとマッスルじゃない、ハッスルしてがんばっておりマッス

(p^-^)p ファイトq(^-^q) ファイト


posted by Youyounonbiri at 00:25| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

富士山への道-2

bears2005.JPG

今日の歩いた距離・・・約3.55km

(歩幅50cmとして)・・・実際は、もっと小またでちょこまか歩いているかも

時間・・・約1.5時間(おしゃべりの時間は別ですネ)


















posted by Youyounonbiri at 01:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

富士山への道-1

steppy.JPG

万歩計ダイエット歩数計というものを買いました。
万歩計とは、書いてなかったですょ。
このネーミングだと、とってもお年を召された方のイメージがするので・・・
m(_ _)m
歩行距離・消費カロリーが表示 ダイエット歩数計というsteppyですっ。。。

今まで、歩いた距離がわからなかったので この前銀座へ出かけたときに、
博品館でみつけて購入してみました〜☆

この前の土曜日、NHKで富士山の番組をやっていました。
想像はしていましたけど、自分に登れるのかとっても不安です。

ひと夏で富士山を登る人の数は、およそ30万人とか。
TVの映像からは、その神々しさとか登りの急斜面の様子が映し出されてました。
わたしも、しっかり登りたい!

うーん。イメージトレーニングとして、頭にいれたし しっかり気合を入れねば!

ずーっと昔に、会社の先輩に連れられて谷川岳に行ったり、秋川渓谷とかetc.
ちょこっと行っただけで今は何もやってなくて運動不足&体力はないから

これから、気合を入れてガンバロウ!

20051008_1938_000.jpg kabu.JPG 
これは、この前みんなと歩いていてみつけた野菜の自動販売機。
みんな100円でした。

新鮮な野菜がたくさん、お花も入っていました。
きっと、近くの農家の方が管理をされているのでしょうね。
新鮮なかぶを買ってみました。大きくて、よいお野菜でしたょ。

背中のリュックに入れて、ほくほくと帰ってきました。

こんな調子で大丈夫かな〜








posted by Youyounonbiri at 02:01| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

プロジェクトXの正体は?

sunset1002.JPG

NHKのプロジェクトXをイメージして来られてしまったかた、ごめんなさいm(_ _)m

これは、前にちょこっとだけ書いた私が参加させていただいたプロジェクトのことです。

その名は、 「富士山に登ろう!」プロジェクトなのです!

いきなりは登れないので、まず基礎体力作りから・・・と、いうわけで

数キロを定期的に歩いて鍛えていこうというものです。

日本人なら、誰しも富士山には一度は登ってみたいと思うのではないでしょうか。

私もその一人でしたが、友達のRICOさんに誘われてがんばってみることにしました!

RICOさん、ありがとう!

posted by Youyounonbiri at 00:41| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。