2008年01月20日

震生湖

去年は1月から新たな職場で、
地域のボランティアなんていうのも
ちょこっとお手伝いをしていたので
本当に忙しい1年でした。

去年はほとんど更新できずにいたので
書いていなかったことをぼちぼち 載せていきたいと思います。


去年の1月に神奈川県秦野市の震生湖(シンセイコ)というところに山仲間と行きました。

自然がいっぱいの静かなところでした。

途中の登り道からきれいな富士山が観られました。

shibusakyryokara.JPG

一番眺めのよいところでお弁当をいただきました。(∩.∩)



shjinseikohan.JPG

湖畔では、つり人が船を漕ぎ出していました。

shinseiko.JPG

震生湖は、小田急線の秦野駅から1時間位歩いてたどりつきました。

大正12年の関東大震災の時に、渋沢丘陵の一部が崩壊してその土砂が谷川をせき止めてできたそうです。

その名のとおり 震生湖  だったのですね。

shibusawasuisen.JPG 




  水仙がいっせいに咲いて、よい香りを漂わせていました。



mimoza.JPG  


  渋沢丘陵を通るコースで見かけました。
  たぶんミモザの花だと思うのですけど。
  ふわふわしたかわいらしい花でした。




shibusawakyuryoukara.JPG

空気が澄んでいて、気持ちがよかったです。

また行ってみたいところです。




ラベル:震生湖
posted by Youyounonbiri at 18:58| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 山、walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪を頂いた富士山が綺麗ですね。
関西に居ると、この山は永遠のあこがれの対象です。
Posted by なおくん at 2008年01月20日 22:34
震生湖って、ついこないだ知ったばかりだったので、ちょっと奇遇だなぁと思って写真を見入ってしまいました。
静かな富士山がきれいに望めるところなんですね。今度行ってみようかな?
Posted by yomikaki at 2008年01月21日 12:43
☆なおくんへ

コメントありがとうございます!
富士山は、こちら関東でもあこがれの山ですね。
特に雪が積もっているの富士山が見られるのは、神々しくて、神聖な気持ちになりますね。
Posted by Youyounonbiri at 2008年01月21日 23:55
☆yomikakiさんへ

コメントありがとうございます!
富士山が見られたのは、震生湖に行く途中の道からでした。
富士山が目の前に現れたときは、
感激でした!
冬は、空気が澄んでいて遠くの山も
しっかり見られて気持ちがよいですね。
スケッチしている人もいて、絵心が私にもあったらなぁ・・・なんて思いましたょ。(∩.∩)



Posted by Youyounonbiri at 2008年01月22日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。