2006年10月24日

小樽のマンホと丸ポスト

小樽でも、マンホ捕獲できました!


これは、側溝のフタですが・・・

DSCF4829-1.JPG

中央部分を拡大すると・・・

DSCF4829-2.JPG

真ん中に、小樽市の市章が入っています。

市章は、「雪を表徴した六花の中に小樽の頭文字(小)を図案化したもの」だそうです。

これも側溝フタです。

DSCF4830-1.JPG

北海道の道という文字が見えます。

DSCF4830-2.JPG
(中央部分拡大)

DSCF4838-1.JPG

これも その道のマーク入りです。

DSCF4838-2.JPG
(中央部分拡大)




DSCF4839-1.JPG

これは、石畳の中に埋め込んでありました。

六花の中に下水の文字いり。




DSCF4841-1.JPG

可愛かったのは、これです!

ラッコが子どもをだっこしています。

おたるおすい の文字入りです。




DSCF4842-1.JPG

これは、小樽市博物館前にあったブロンズ像です。

なんでもこのワンちゃんは消防犬「ぶん公」という名で、
昭和初期に当時の小樽の消防本部に飼われていた雑種のオス犬。

火災出動とともに消防自動車のステップに乗り、颯爽として現場に赴き、ホースを咥えて走り、吠えて野次馬を整理するなどの活躍をしたそうです。

火災出動のベルとともに消防車に一番に飛び乗って、出動回数1,000回を誇り、全国で唯一の消防犬として知られたそうです。(小樽ジャーナルより)

おりこうなワンちゃんがいたのですね〜

DSCF4843-1.JPG

そのわりと近くにこんなレトロな消火栓もありました。

DSCF4853-1.JPG

丸ポストも発見!

こんな町並みだと妙にマッチです!

ちょっと色を控えめにしてくれるといいかもしれません。

DSCF4844-1.JPG

古くから商都として栄え、開かれた航路でにぎわってきた小樽。

町並みを歩いていくと、しばしタイムスリップして古きよき時代に迷い込んでしまったような気持ちがしました。


tbmanhobn  manhobn  tbp04210-0.gif



posted by Youyounonbiri at 00:18| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | マンホール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小樽も今回 帰国でいきましたので、
のんびりさんが 行かれて すごく嬉しいです。
同じ場所にいたんだなって。


そうそう、最近子猫かいましたよ。
かわいいですーー。http://funfoodus.exblog.jp/
こちらに画像載せています。ひろじゃないHNですが。。
Posted by ひろ at 2006年10月31日 14:41
☆ひろさんへ

コメントありがとうございます!
ひろさんも小樽に行かれていたんですね!
(∩.∩)
小樽って、落ち着いたいい街ですね。
一ぺんで気に入りました。
また行きたいところです。

動画も拝見しました。
子猫ちゃん、かわいいですね〜
愛くるしいまんまるお目目で。
またおじゃましま〜す。
Posted by Youyounonbiri at 2006年10月31日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今日のマンホール
Excerpt: 三重県島ヶ原村・岐阜県下呂町・高山市・神岡町・北海道小樽市・東京都小笠原村・京都府南山城村・神奈川県横浜市・三重県伊賀町・静岡県沼津市・青森県十和田市・兵庫県尼崎市からマンホールが届きましたよ!
Weblog: Diario
Tracked: 2006-10-28 12:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。