2006年08月06日

富士山に登ってきましたB

DSCF4544-1.JPG

14:05 7合目に到着 (2700m)

DSCF4545-1.JPG

上から見ると、山小屋の屋根にはたくさんの大きな石が乗せてあります。

きっと強風にも飛ばされないようになんでしょうね。

ここからは、少し登ると山小屋が斜面に建っていて登山者を迎えてくれます。

ガイドのコッコちゃんからは、ほんとに少しずつ外マタぎみで登ることを教わりました。

登ってすこしすると山小屋通過のペースなので、登山者も多くて先を急げないのでかえってそれがペースを保てられてよかったのかもしれません。

14:30  7合目トモエ館到着(7合目下から3つ目) 休憩

山小屋には、テーブル・イスがありうどんやらーめんまで食べられます。
お値段は、高度とともにちょっとお高いかも。

お水も売っていますが、やはり同じく。
私は、家から 愛用のバナジウムウォーターにアミノバリュー(筋肉痛にならないらしい・・)を凍らせて持っていきました。

わたしたちチーム3名は、席について持ってきたおやつをぱくつきました。

(*私の持っていったもの・・・カロリーメイト・Nさんよりいただいた1口サイズの羊羹・小袋入りヨーグルトレーズン・ウィーダーインゼリー・1口サイズのブルーベリー入りクラッカーサンド・レモンのグミ etc.)

14:50 元気をとりもどして、出発です。

いただいた案内図によると夏の間は救護所は、7合目トモエ館と8合目にあるようです。
この先、お世話にならないよう・・・気持ちをひきしめて登ります!


最初に立ち寄った五合目のレストハウスの雲上閣さんでは、「金剛杖」も割引で購入できました。
(わたしたちは、マイストック持参でしたので買いませんでした)

買った人は、それぞれ立ち寄った山小屋で記念の焼印を押していだけます。(有料)

DSCF4546-1.JPG

きっとよい思い出になるでしょうね。

DSCF4547-1.JPG

引き続き、先を急ぎます・・・

DSCF4549-1.JPG

もう、はるか登ってきたカンジ・・・

下からの登山者は、とても小さく見えます。

DSCF4551-1.JPG

勾配はかなりきついです。登山道は、ロープをはっていますが一歩外れると
下までまっさかさまに落ちてしまいそう・・・危険です!

DSCF4552-1.JPG

急な岩場を登っても こんなかわいい花が岩の間から咲いています。
(帰ってから調べてみたら、イワツメクサらしい。違っていたらm(_ _)m )

7合目からは、ずーっとスコリア(コッコちゃんにおしえてもらいました)におおわれていて、よくこんなところに花が咲いていると感心してしまいます。

岩は、玄武岩なのでその上を歩くと「元気がでる」とのこと。(これもコッコちゃんより伝授)

DSCF4553-1.JPG

まだこのあたりは草があり緑が見られます。

DSCF4554-1.JPG


頂上は、まだまだです・・・


To be continued・・・











posted by Youyounonbiri at 12:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。