2006年07月01日

塔の岳へ行ってきましたB

新大日について、いよいよ塔の岳に出発というとき

小雨がポツポツと降りだしてきてしまいました。

山の麓では、あんなにいい天気だったのに・・・(T_T)



もうすでに塔の岳から帰ってきた方に

「これから行くの?やめたほうがいいよ」と、言われてしまいました。^-^;


そんなこと言われても・・・

ここまでやっとたどりついたのに。

見るからに 素人 の乙女2人でたよりなく思われたのでしょうか。^-^;

ここからもどっても、また同じくらい歩かなくてはならないじゃないっすか!(と、言いたかったけど・・・)

そのナカマの1人が「今、あのガケを降りてきたんでしょう?大丈夫だよ」と、助け舟を出してくれ・・・ホッと。

顔では、笑って「ご心配どうもありがとうございます・・」と言って、足早に出発しました。


それまでなんとかもっていた空でしたが案の定、雨がポツポツと。。。

T隊長は雨対策は持ってこなかったとのこと。

私がレインスーツを着ている間に先に行くことに。

後から1人で隊長を追いましたが、なかなかたどりつけません。

心細いやら、急いでいるので疲れるやら〜

雨は、なんとか本降りにならずにすみました。

しばらくすると小鳥たちのさえずりが聞こえてきたので、きっともう大丈夫だと思いました。

ずっと歩いていくと、隊長が待っていてくれました。

おなかも空きすぎていたので、遅い昼食となりました。

元気を取り戻して、登り登り・・・

やっと塔の岳(1490m)頂上に着きました!(14:00)

DSCF4418.JPG

DSCF4419-11.JPG

ザンネンながら、霧でかすんでいてあたりの景色はよく見えませんでした。


頂上は広くなっていて、山荘もありました。

私たちはおやつをパクついたりしていると、登りでお会いした紳士にまた遭遇しました。少しお話をして、写真を撮っていただきました。



DSCF4420-11.JPG

全日本山岳連盟が建てた日時計がありました。

その説明プレートには、「丹沢が国定公園に指定されたのは内山岩太郎知事の努力の賜物である」と称えてありました。

けむった山荘前をふと見ると、なんと鹿がいるではありませんか!

人間の姿を見ても平気なようです。

DSCF4423-11.JPG



今度は、下山です。

大倉をめざします。

DSCF4426-11.JPG

DSCF4427-11.JPG


DSCF4428-11.JPG

DSCF4429-11.JPG

こちらのコースには山荘がところどころにありました。

コーヒーやかき氷、飲み物等が飲めるようですが、お値段も高度とともにお高いようです。

DSCF4430-11.JPG

こちらは、けっこう階段が続いていました。

DSCF4435-11.JPG

小雨も降ったので、地面が濡れていておまけに石ころがごろごろで足がすべりやすくて歩きにくかったです。

DSCF4436-11.JPG

そんな道でも、下からたくさんの荷物をしょった「担ぎやさん」が慣れた足取りで登ってきます。山荘まで荷を運んでいるようです。

DSCF4431-11.JPG

DSCF4437-11.JPG

大倉まであと一息といいつつ、なかなか進みません。

DSCF4438-11.JPG

標識ばかり撮ってマス。時間がかなりかかってしまったので、先を急ぐことに・・・

DSCF4439-11.JPG

大きな声で話しながら歩いていたのに、鹿に出会ってしまいました!

こちらのほうがビックリ です!

DSCF4442-11.JPG

トトロが出てきそうな森です。

DSCF4443-11.JPG

DSCF4445-11.JPG

DSCF4446-11.JPG

浦島草 らしき草。実がなっているみたいでした。

ようやく下山してきました。

DSCF4451-11.JPG

時間は、もう17:07をまわっていました。

途中、雨というハプニングでヒヤヒヤしましたが無事に下山することができました。

登山道を作ってくださった関係者の方々に感謝するとともに、素晴らしい自然に身をおくことができてとっても充実した気持ちでした。

森のマイナスイオンをたくさん吸収できました。

もちろん体はくたくたでしたけれど。

大倉バス亭から15分ほどで渋沢駅につき、帰路となりました。

おつかれさまでした!




posted by Youyounonbiri at 23:58| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
あいにくの天気で残念だったようですね。
けれど、鹿に逢ったなんて!それも2回も
丹沢には何回か行ってますが、一度も見かけたことありません。
いいなぁ...

ps.Youyounonbiriさんはお持ちだったようですが、どんな時でも雨具は持っていったほうがいいですよ。夏山でも疲労凍死することだってありますから...
Posted by yomikaki at 2006年07月04日 12:33
☆yomikakiさんへ

長い道中記におつきあいくださいましてありがとうございます!

来る道で、「鹿に出会えるよ」と、教えてくださった方がいたので期待していました。
さすがにじかに目の前にしたときは、オドロキましたね〜
鹿のほうでも人間になれているらしく、堂々としているようでこちらのほうがおろおろとしてしまいました・・・^-^;

お言葉どおり、山の雨対策はあなどれませんね。
心していきたいと思います!


Posted by Youyounonbiri at 2006年07月05日 21:49
13*ワンさんです。m(=^ェ^=)m
塔の岳はステキな感じがしますね。
私は丹沢は子供の頃に行っていますがよく覚えていません。
だから登りたくなりましたね!
しかし、天候があまりよくないようですがギャグ隊長と楽しそうな登山ですね。
でも疲れて歩いて会話すると、何故か?ギャグが出てきますね。(火曜サスペンス---笑い)

次回の記事も楽しみにしています。
Posted by ワンさん at 2006年08月06日 16:23
☆ワンさんへ

コメントありがとうございます!
笑いは、いつのときでも元気をくれるようです。
笑えるほど余裕があるように努めたいです!
このときは、あまり天気がよくなくて景色がよく見えなかったのがザンネンでした・・・
丹沢には、また秋に行きたいと思っています。
私にとってここを経験したことは、富士登山に生きているように思います。p(^-^)q
これからもいろんな山に挑戦してみたいです!
Posted by Youyounonbiri at 2006年08月06日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。