2006年07月01日

塔の岳へ行ってきましたA

DSCF4403-333.JPG

三の塔を後にして、再び歩き始めました。

ここからは、下りです。

ギャグ連発の余裕のT隊長になんとかついて行ってます。

DSCF4404-33.JPG

登りで「ひーこら」言ってる私なので、下りはうれしいのですが・・・

ものすごい景色に圧倒されます。

周りは霧がかかっていてはっきり見えないけれど、断崖絶壁です!

隊長は「火曜サスペンス劇場」のオープニングテーマなんか唄っちゃってます。
「ひ〜・・・」汗^-^; 。。。一歩足を滑らしたら大変です!

谷底にまっさかさまです・・・

ここからは気をひきしめて足元もしっかり踏みしめないと危ないです。


DSCF4407-11.JPG

標識にて鳥尾山(1136m)にたどりついたのがわかります。

DSCF4408-11.JPG

空木(うつぎ) がきれいに咲いていました。

汗して歩いても、こんな可憐な自然に出会えると生き返ります。

小鳥の声も聞こえて足どりも少し軽くなります。

DSCF4410-11.JPG

難所 の1つに出くわしました。

探検隊にでもなったかのようです!設置してくれている登山道のクサリを手におそるおそる上ります。

DSCF4411-11.JPG

行者ヶ岳(1209m)通過です。(12:08)

DSCF4412-11.JPG

塔の岳までは、1時間20分と書かれています。

まだまだ歩くのね〜


難所 2つめです!

ネットで登られた方の登山記録で写真では予習してはいたものの・・・

わくわくするような・・・どきどき感です。

DSCF4413-11.JPG

急斜面の岩場を降ります。

危険なので、手にしていたストックも縮めて手荷物もしっかりザック1つにして気合を入れます。

しっかりとクサリが打ち込んであって、降りやすくなっています。

DSCF4414-11.JPG

その後には 雲海の中の道が見えています。

なんとか 無事通り過ぎることができました。

DSCF4416-11.JPG

新大日に到着です!(13:07)お腹も空いてきたので

ちょこっと小休止。

しかし、お天気が気になったので先を急ぐことにしました。

To be continued・・・ 


posted by Youyounonbiri at 20:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。