2006年06月30日

塔の岳へ行ってきました@

6月24日(土)に丹沢の塔の岳に行ってきました。

富士山登山目前となり、気合も入ってきました。

この前、金時山に行き今度はどこに行こうかと迷っていました。

登山用品でお世話になっている「好日山荘」のおニイさまに聴いたら、

「塔の岳」がいいんじゃない?ということで、ネットで調べたらとってもひきつけられてしまい、登ることになりました。

今回は、隊長のTさんと2人です。

小田急線「秦野駅」北口(8:15発)からヤビツ峠行きバス(約45分間)に乗り終点まで。(8:50着)
その日は、山のシーズンからか臨時バスが出ていました。駅に着き、トイレや買い物に時間がかかってしまったので、登山客がバス停にたくさんならんでいたのでその臨時バスに乗ることにしました。

市街をほどなくすぎて山を登るバスの中から見える景色は、初夏の山が青々としていました。
深い谷底までぎっしりと杉の林が並び、鳥の声も聞こえてきます。

その日は幸い梅雨の晴れ間で、よいお天気となりました。 

カーブの道は、急勾配のうえに道幅も狭いところがありいよいよ山の急斜面を登っているのがわかります。

終点に着くと、これから登る人々でにぎわっていました。

ふと見ると登山者の届ける用紙が置いてありました。

初めての経験です。

万が一のため目的コースと名前と住所を記入してそこのポストに投函しました。

その用紙には、登山のための注意書が書かれていました。
「自分の体力と経験に適合した無理のない計画で!・・・etc.」

そのときは、気楽な気分でその用紙に記入しました。

さて、いよいよ登山開始です!(9:30)

DSCF4384-1.JPG

あんなにたくさんいた登山客は、どこの道にいったのでしょう。

大山に抜ける道のほうに行ったのでしょうか。

いつのまにか数人の人しか見当たりませんでした。

DSCF4385-11.JPG

DSCF4386-11.JPG


建て看板には、「表尾根1」と記入してあり秦野市の警察の電話番号が記載されてました。
万が一、遭難したときの指標となるようです。

DSCF4387-11.JPG

登山道情報も秦野ビジターセンターで電話で聴けるようです。





道しるべをたよりにひたすら登ります。

DSCF4389-12.JPG

DSCF4391-12.JPG

坂道は急で、石ころがごろごろしています。


DSCF4392-12.JPG

1時間くらい歩くと開けたところに出ました。
二の塔と呼ばれているところのようです。

DSCF4393-12.JPG


表尾根線 塔の岳まで4.6km をめざします!


急勾配の斜面を登っていくにしたがって、周りは雲っていて景色がよく見えません。

下界は、あんなにお天気だったのに・・・

山の天気は、わかりません。


DSCF4396-12.JPG


三の塔(1205m)に到着です!(11:00頃)

DSCF4398-12.JPG

汗のうえに、霧も手伝ってびっしょりです。

一息ついてみるとうっすら遠くの山々が見渡せて爽快な気分です。

これから行こうとする道がこちらから確認できます。

DSCF4390-12.JPG

登山する小さな人影の背中がちらちらと見えます。


DSCF4397-12.JPG

きれいな蝶が羽を休めにきていました。

私たちも少し休憩して、次の鳥尾山を目指しました。



To be continued・・・











posted by Youyounonbiri at 01:13| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
富士山目指して、着々と準備されてますね

塔の岳は高校生の頃(とおい目)登りました。
バカ尾根と呼ばれるひたすら登り大倉尾根を登って降りたのですが、ガスっててなにも見えず。
いい思い出がありません。

今回、Youyounonbiriさんはどうだったかなぁ?
続きが気になります
Posted by yomikaki at 2006年06月30日 12:28
♪yomikakiさんへ

コメントありがとうございます!
yomikakiさんも塔の岳に登られたことがおありなんですね! (∩.∩)    
富士登山も目前となりました。
山開きは、7/1明日ですね。 いよいよです!

登山用品のお店の方が薦めてくれたのは、yomikakiさんと同じコースでしたが、知人の話では階段ばかりであまりおもしろくなかったと聞いたのでヤビツ峠から行ってみました。
けっこうキツくてキビシいコースでしたけど、 楽しい登山となりました。
汗して登ったあとの達成感はたまりませんね。
後半も期待して(?)下さいね(^_-) -☆
Posted by Youyounonbiri at 2006年06月30日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。