2006年06月12日

金時山へ行ってきましたA

DSCF4308-1.JPG

山頂には、金太郎が道標の上にちょこんと乗っていました。

童謡にあるように、足柄山の金太郎〜♪は、ここで熊にまたがりお馬の稽古をしたのでしょうか。
--------------------------------------------------------------------

その昔、金太郎は幼い頃 熊や猪の待つこの山へ勇んで毎日のように登ってきたそうです。
長じて源氏の大将源頼光に仕え、名を坂田金時と改めたそうです。

ある日、金太郎は大石を落としてしまいました。
この音に驚き、岩に当たって死んでしまった大猪の鼻を金太郎はねんごろにともらったそうです。
金時山は別名 猪鼻山というそうです。
--------------------------------------------------------------------

金時山の頂上には、金時娘さんが切り盛りする金時茶屋があります。

金時娘さんのお父さん(小見山 正さん)は強力で有名な方で、親交のあった作家新田次郎氏は彼をモデルに「強力伝」を発表し、直木賞を授賞したそうです。

金時茶屋は父が建てた山小屋を娘さんが守り、今も登山客に親しまれています。中は、登山客でにぎわっていました。

DSCF4312-1.JPG

小田急箱根高速バスの予約もできるようです。


わたしたちは、外に建てられたイスに腰掛けて一休み。
持ってきたお菓子などをひろげて しばしおやつタイムをとりました。

10:45 今度は、乙女峠をめざし下山コースです。

DSCF4316-1.JPG  DSCF4318-1.JPG

アップダウンが続き、これで下っているの〜?と、聴きたくなるようなけわしい登り道も続いたりします。

DSCF4319-1.JPG

まわりの景色は、少し晴れてきたようでした。

DSCF4320-1.JPG

高山植物がかわいい。

DSCF4322-1.JPG

ひめしゃらの木がすくっとひときわきれいに目立ちます。

DSCF4323-1.JPG



額に汗して登ったり降りたりを繰り返していると・・・

DSCF4329-1.JPG

山頂で見ることができなかった富士山を見ることができました!


DSCF4330-1.JPG


長尾山頂を通過です。11:30頃

開けて明るくなってきました。

DSCF4331-1.JPG

快調に進んでいきます。みんな 元気 元気〜p(^-^)q 早いこと・・・

DSCF4332-1.JPG

山つつじもきれいに咲いていました。

DSCF4333-1.JPG

木の根も苔むして、きれいです〜

DSCF4339-1.JPG

12:00 乙女峠に着きました!

DSCF4348-1.JPG

ここでも富士山がきれいに見られました。

富士山をみながらお昼が食べられるなんて、しあわせ〜\(^-^)/

富士山が見えるポイントでいいカンジに木のベンチが設置されていました。






*乙女峠*
昔、千石原の娘が父親の病気を治そうと地蔵堂にお参りし、清願の日に父親は治りましたが娘は雪に埋もれて死んでしまったと伝えられているそうです。

DSCF4343-1.JPG

ここには、富士山をバックに写真を撮れる撮影台が設置されています。

DSCF4350-1.JPG

12:40 写真も撮れたので、いよいよ下山していきます。

DSCF4351-1.JPG

まだ、急坂も少しありました。


DSCF4352-1.JPG

DSCF4353-1.JPG

コースは、木の根があらわになってかわいそうなところもありました。
新たなコースも設置されようとしていました。

DSCF4354-1.JPG

ここまで来ると、国道(138号)を走る車の音が聞こえてきます。

DSCF4357-1.JPG

やっと国道に降りてきました。

下りのコースのほうが、わりとなだらかで歩きやすかったですネ。

DSCF4359-1.JPG

登山コース案内板で確認です。

DSCF4361-1.JPG

13:45 もとの金時神社の駐車場着。

おつかれさまでした〜



山の空気はおいしくて、鳥の声に耳をすまし体に森の栄養をいっぱい吸収してきました。



隊長のTさん、Nさん、Kさんご夫婦のおかげで楽しく励まされながら登ることができました。
大変にありがとうございました。

あこがれの富士山をめざして、まだまだ修行は続きます。































posted by Youyounonbiri at 00:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。