2008年08月05日

遙かな尾瀬

   



7月17日にウォーキングの仲間と「あこがれの尾瀬」に行ってきました。



私にとって尾瀬はまさに「あこがれの尾瀬」で、いつか行ってみたい所のひとつでした。

今回、初めて行くことがかないました。



 


横浜を朝7:00に出発して、バスにて福島県側から入りました。

横浜から8:30羽生、9:30塩原温泉を過ぎ、
桧原にて 小休止。 

レストハウスにて きのこ汁などいただきました。

お昼過ぎに路線バスに乗り換えて、沼山峠口に着いたのは12:40頃。

やっぱり尾瀬は遠かったです。

そして、いよいよ大江湿原を尾瀬沼まで(約60分位)歩きます。








今回は日帰りでしたので、尾瀬沼にたどり着いたらUターンして

もと来た道を沼山峠口まで戻りました。(約80分位)

ニッコウキスゲは、ちらほら咲いていて もう盛りは過ぎてしまったようでしたが、

白い綿のような「ワタスゲ」がけっこう見られました。

尾瀬は、都会から離れて本当に「別世界」のようでした。

心配したお天気にも恵まれ、燧ケ岳もくっきり見ることができました。

雨具も用意していきましたが、ラッキー!でした

青い空とおいしい空気!さわやかな風!

自然のエネルギーを感じて生き返りました。




尾瀬沼の売店で食べた「花豆ジェラート」です。

自然な甘みで、冷たくて汗をかいた体に心地良かったです。



今度は、山小屋に泊まって鳩待峠のほうからも行ってみたいです。

DSCF0371-1.JPG

    DSCF0405-1.JPG


ラベル:尾瀬
posted by Youyounonbiri at 22:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山、walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。