2006年08月06日

富士山へ登ってきましたD

DSCF4571-1.JPG

8合目トモエ館に到着しようとしたとき、上から降りてきた人がおしえてくれました。

写真をじーっとよく見てみて下さい。

うすくてわかりにくいのですが・・・

夕陽による影富士が見えています!
(わかりますか?)

疲れもふっとび、思わずシャッターをきっていました。


(p^-^)p ファイトq(^-^q) ファイト



*** 元気をもらえたもうひとつ ・・・


DSCF4624-1.JPG

酸素のタブレットです。

気休めとおもいきや・・・意外な実力を発揮してくれたようです!

酸素ボンベはザックから取り出すのが面倒ですが、これならポケットからサッとすぐに取り出しやすくて助かりました。

お世話になっている山のショップ好日山荘のおニイさんに勧められて、持っていきました。



posted by Youyounonbiri at 23:01| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山に登ってきましたC

DSCF4555-1.JPG

登るにしたがって、雲が下に見えてきました!(え、雲・・・・?)
信じられません・・・

16:35 8合目 (3020m) 太子館着

高度が高いので、いつも暮らしている平野よりも気圧も低いわけです。

DSCF4557-1.JPG

持って行った密閉袋入りのものは、パンパンになってしまいました。
ハイチュウの袋もこのとおりです。

自然と体の中もそのようで、おなかがはってしょうがありません。
トイレを借ります。(有料)自然の法則には逆らえません。(^.^)

DSCF4558-1.JPG

もう緑はだんだん少なくなってきました。
ところどころ城壁のように塀のようなものが設置されてあるところがあります。
登山道が崩れないために整備されているものなのでしょうか。
(難工事に携わる方々に頭が下がります)m(_ _)m

DSCF4562-1.JPG

17:50 元祖室(がんそむろ) に到着(3250m)

DSCF4563-1.JPG
雲の上です。
ここの山小屋は、元祖というくらいですから・・・
なんと300年もの歴史があるとか。鳥居が建っています。
コッコちゃんに説明されたんですけど・・・よく覚えていません。・・・コッコちゃんm(_ _)m
もう、けっこう足がキツくなってきました 

DSCF4568-1.JPG

雲がきれいです。
見上げなくても、目の前にぽっかりと浮かんでいます。


DSCF4569-1.JPG

これまでは、ほどよい間隔の距離のところに山小屋があり、足が休めましたが

私たちの今夜泊まる8合目トモエ館までは、まだまだ先です。

ここからが長いなぁ〜

疲労も手伝って、なかなかたどり着きません。
体は重いし、足は思うようにあがりません・・・



DSCF4569-1.JPG

ふぁいと〜 もう少し・・・声かけあって・・・がんばって〜

あたりも暗くなってきました。

18:30 8合目トモエ館に到着! (3400m)
DSCF4573-3.JPG

疲れていても写真の前では、ニッコリと!



しかし!

この日は、トモエ館は超満員で 私たちは貴重な体験をすることに・・・

たどり着いた安堵感は いずこに・・・



To be continued・・・

























posted by Youyounonbiri at 13:33| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山に登ってきましたB

DSCF4544-1.JPG

14:05 7合目に到着 (2700m)

DSCF4545-1.JPG

上から見ると、山小屋の屋根にはたくさんの大きな石が乗せてあります。

きっと強風にも飛ばされないようになんでしょうね。

ここからは、少し登ると山小屋が斜面に建っていて登山者を迎えてくれます。

ガイドのコッコちゃんからは、ほんとに少しずつ外マタぎみで登ることを教わりました。

登ってすこしすると山小屋通過のペースなので、登山者も多くて先を急げないのでかえってそれがペースを保てられてよかったのかもしれません。

14:30  7合目トモエ館到着(7合目下から3つ目) 休憩

山小屋には、テーブル・イスがありうどんやらーめんまで食べられます。
お値段は、高度とともにちょっとお高いかも。

お水も売っていますが、やはり同じく。
私は、家から 愛用のバナジウムウォーターにアミノバリュー(筋肉痛にならないらしい・・)を凍らせて持っていきました。

わたしたちチーム3名は、席について持ってきたおやつをぱくつきました。

(*私の持っていったもの・・・カロリーメイト・Nさんよりいただいた1口サイズの羊羹・小袋入りヨーグルトレーズン・ウィーダーインゼリー・1口サイズのブルーベリー入りクラッカーサンド・レモンのグミ etc.)

14:50 元気をとりもどして、出発です。

いただいた案内図によると夏の間は救護所は、7合目トモエ館と8合目にあるようです。
この先、お世話にならないよう・・・気持ちをひきしめて登ります!


最初に立ち寄った五合目のレストハウスの雲上閣さんでは、「金剛杖」も割引で購入できました。
(わたしたちは、マイストック持参でしたので買いませんでした)

買った人は、それぞれ立ち寄った山小屋で記念の焼印を押していだけます。(有料)

DSCF4546-1.JPG

きっとよい思い出になるでしょうね。

DSCF4547-1.JPG

引き続き、先を急ぎます・・・

DSCF4549-1.JPG

もう、はるか登ってきたカンジ・・・

下からの登山者は、とても小さく見えます。

DSCF4551-1.JPG

勾配はかなりきついです。登山道は、ロープをはっていますが一歩外れると
下までまっさかさまに落ちてしまいそう・・・危険です!

DSCF4552-1.JPG

急な岩場を登っても こんなかわいい花が岩の間から咲いています。
(帰ってから調べてみたら、イワツメクサらしい。違っていたらm(_ _)m )

7合目からは、ずーっとスコリア(コッコちゃんにおしえてもらいました)におおわれていて、よくこんなところに花が咲いていると感心してしまいます。

岩は、玄武岩なのでその上を歩くと「元気がでる」とのこと。(これもコッコちゃんより伝授)

DSCF4553-1.JPG

まだこのあたりは草があり緑が見られます。

DSCF4554-1.JPG


頂上は、まだまだです・・・


To be continued・・・









posted by Youyounonbiri at 12:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。