2006年07月23日

迷惑メール

ここのところ忙しくてメールも見ていなかったのですが、
わたしのmsnのメールに13の迷惑メールが・・・!

しかも、みんな女性を名乗ったものらしい。

仲川のぞみ @貴方様へのサークル招待状(協力謝礼金あり... 7月18日 1KB
小柳あかね 招待状(直電)が届いています! 7月19日
加藤 彼女は由加里さんといって 7月19日
仲川のぞみ Cさゆり様から『携帯電話番号での連絡可能』. 7月20日

未読メッセージ1件 7月20日 1KB
加藤 今、こんな感じになっています。 7月20日 1KB
加藤 約束の日、お願いがあります 7月21日 1KB
加藤 彼女は由加里さんといって 7月21日 1KB
斉藤春美 携帯にメッセージ頂けませんか? 7月21日 2KB
S.H やっぱり無理でしょうか 7月22日 1KB
斉藤春美 私から送った番号って届いてますか? 7月22日 2KB
小百合 きっかけをありがとう 7月22日 1KB
加藤 決めました? 7月22日 1KB


何を決めたというのでしょうか・・・?ぷっつん!

昔ネットをはじめたばかりの頃は、「何だろう?まちがえメールかな?」って本気で気になってたけど。
それにこんなに一度にたくさんは来なかったのよ〜^-^;

会社の人も「最近は悪質になってきたって・・・

そのサイトに行くようにしむけられている!」って言ってました。


わたし、そんなにヒマじゃないんですけど〜

でも、これを書いている私は・・・(^^ゞ?

※ blogでお世話になっているシーザーさん
ここのところ気がつかなかったけれど 最近、システム模様替えしたみたいですね。
TB送れなかったりコメント受け付けられなかったりとかで・・・(T_T)
安定して下さるように お願いしますよ〜



posted by Youyounonbiri at 11:28| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょこっと言わせて! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

いよいよ富士登山!

shirtsetc.JPG goods2.JPG


去年の10月から誘われて、鍛えてまいりました。

いよいよ7月!

今週、あこがれの富士山に登ります。

それまで、高尾山、大山、金時山、塔の岳 etc. と 登ってきました。

他にもウォーキングにいろんな公園にも行きました。

登山グッズも持ってなかったので、少しずつ揃えてきました。

あとは、お天気がよいことを祈るのみ。



よいご報告ができますよう「行ってきますっ!」


posted by Youyounonbiri at 23:52| ☔| Comment(10) | TrackBack(1) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルトの楽園 BART NO GAKUEN

先月観にいってきたのでしたが、

baluto.JPG

1914年、第一次世界大戦の頃の話です。

「知られざる90年前の奇跡的な真実」と映画のチラシには書かれていました。

その頃の日本において、こんなことがあったのかなって

正直びっくりしました。


松平 健さんは、やはり正統派、正義感あふれる役が似合いますね。



*バルトの楽園♪
http://www.bart-movie.jp/index.html
posted by Youyounonbiri at 23:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セントポーリア観察日記37

712roots.JPG

この前、ビーナスライトに挿したオプティマラタミコ

しばらくほっぽっていたので・・・^-^;

見てみたら、しっかり根が出てきていました。

さっそく、セントポーリア用土に植え替えました。

714sa.JPG



711saint.JPG


こちらは、この前(6/18)植え替えた ばかりなのに・・・

もうおチビちゃんの葉っぱが出てきました!

たくさん増えてきて、どれがどれだか わかりづらいですね。^-^;
posted by Youyounonbiri at 22:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セントポーリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MさんのリーフF

0712saint.JPG

saint712.JPG

Mさんにいただいた、その後のリーフです。

上がストロベリーウェーブ、下がマジックチャームスです。

どんどん成長中です!

窓の明るいほうばかりに伸びてしまうので、

植木鉢をぐるぐるっと少しずつまわしてます。
posted by Youyounonbiri at 22:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セントポーリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

四季の森〜新治の森

shikinomori.JPG

7月2日に、富士登山チームで横浜市緑区の四季の森公園から新治の森に行ってきました。


四季の森は、その名のとおり四季を通じていつでも市民のいこいの場としてたくさんの人々が訪れます。

広々とした公園の中は整備されていて広場もあり、森がそのままの形で残されているところもあったり、管理の方々の手によって植物や木々も保護されています。
だから自然がいっぱいです。

遊歩道が森の中を通っていて、1日いても公園内でゆっくりすごせます。

その日も家族連れやワンちゃんを連れた方などたくさんのかたが遊びに来られていました。

毎年、蛍の鑑賞会が開かれるようです。
他にも野外ミニコンサートなどイベントが開かれたりしています。


pomp.JPG

古い手こぎポンプがありました。お水が冷たくて気持ちよかったです。

(サダ子が出てきそう・・・なんて言わないでネ)

kamemushi.JPG

お昼を食べていたら、飛んできたカメムシくん。

名前を調べたら、ツノカメムシのメスでした。

kuwanomi.JPG

道中でみつけたクワの実。甘くておいしかったです。

kinoko.JPG

黄色の大きなきのこ 発見!

niiharunomori.JPG

こちらは、緑区新治市民の森

あじさいがきれいに咲いていました。

こちらの公園も市民のために開かれた緑地です。

まるまる森をそのまま公園に開放したような

同じ横浜市とは思えないところです。

ぐるっと一回りしたらウォーキングには最適のところです。

雨がふったり止んだりの変な天気でしたが、自然の木の葉の屋根に守られて

あまり濡れずにすみました。

また 再度訪れてみたくなる静かなよいところでした。



tsubame.JPG

地元の帰り道、歯医者さんの入り口付近につばめがたくさんとんでいました。

ぴゅーっと勢いよく出てきた方向を見てみると、かわいい顔のひなたちが

きちんと並んでいました。

もうかなり大きくて、巣にやっとおさまっているように見えます。

tsubamebr..JPG


今頃は、もうりっぱに巣を飛び立っていることでしょう。














posted by Youyounonbiri at 00:29| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

秦野市のマンホ

shibusawamanho.JPG

塔の岳に行ったとき、帰り道の渋沢駅前でみつけました。

市の花のなでしこをデザインされているようです。


shibuman.JPG

もひとつ・・・

かたつむりがかわいらしいですね。(∩.∩)

manhobn  tbmanhobn

posted by Youyounonbiri at 23:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | マンホール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

願いをこめて@夏っちゃん

tanabata.JPG


7月1日は、富士山の山開きです。

サッカーワールドカップの熱戦も気になるところですが、

いよいよ夏山シーズン開幕です!


今日行った四季の森公園に早くも七夕の飾りがしてありました。

お天気もよくて、富士山に無事に登れるように祈願の短冊を書いて飾ってきました。

posted by Youyounonbiri at 00:23| 🌁| Comment(6) | TrackBack(3) | 夏っちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

塔の岳へ行ってきましたB

新大日について、いよいよ塔の岳に出発というとき

小雨がポツポツと降りだしてきてしまいました。

山の麓では、あんなにいい天気だったのに・・・(T_T)



もうすでに塔の岳から帰ってきた方に

「これから行くの?やめたほうがいいよ」と、言われてしまいました。^-^;


そんなこと言われても・・・

ここまでやっとたどりついたのに。

見るからに 素人 の乙女2人でたよりなく思われたのでしょうか。^-^;

ここからもどっても、また同じくらい歩かなくてはならないじゃないっすか!(と、言いたかったけど・・・)

そのナカマの1人が「今、あのガケを降りてきたんでしょう?大丈夫だよ」と、助け舟を出してくれ・・・ホッと。

顔では、笑って「ご心配どうもありがとうございます・・」と言って、足早に出発しました。


それまでなんとかもっていた空でしたが案の定、雨がポツポツと。。。

T隊長は雨対策は持ってこなかったとのこと。

私がレインスーツを着ている間に先に行くことに。

後から1人で隊長を追いましたが、なかなかたどりつけません。

心細いやら、急いでいるので疲れるやら〜

雨は、なんとか本降りにならずにすみました。

しばらくすると小鳥たちのさえずりが聞こえてきたので、きっともう大丈夫だと思いました。

ずっと歩いていくと、隊長が待っていてくれました。

おなかも空きすぎていたので、遅い昼食となりました。

元気を取り戻して、登り登り・・・

やっと塔の岳(1490m)頂上に着きました!(14:00)

DSCF4418.JPG

DSCF4419-11.JPG

ザンネンながら、霧でかすんでいてあたりの景色はよく見えませんでした。


頂上は広くなっていて、山荘もありました。

私たちはおやつをパクついたりしていると、登りでお会いした紳士にまた遭遇しました。少しお話をして、写真を撮っていただきました。



DSCF4420-11.JPG

全日本山岳連盟が建てた日時計がありました。

その説明プレートには、「丹沢が国定公園に指定されたのは内山岩太郎知事の努力の賜物である」と称えてありました。

けむった山荘前をふと見ると、なんと鹿がいるではありませんか!

人間の姿を見ても平気なようです。

DSCF4423-11.JPG



今度は、下山です。

大倉をめざします。

DSCF4426-11.JPG

DSCF4427-11.JPG


DSCF4428-11.JPG

DSCF4429-11.JPG

こちらのコースには山荘がところどころにありました。

コーヒーやかき氷、飲み物等が飲めるようですが、お値段も高度とともにお高いようです。

DSCF4430-11.JPG

こちらは、けっこう階段が続いていました。

DSCF4435-11.JPG

小雨も降ったので、地面が濡れていておまけに石ころがごろごろで足がすべりやすくて歩きにくかったです。

DSCF4436-11.JPG

そんな道でも、下からたくさんの荷物をしょった「担ぎやさん」が慣れた足取りで登ってきます。山荘まで荷を運んでいるようです。

DSCF4431-11.JPG

DSCF4437-11.JPG

大倉まであと一息といいつつ、なかなか進みません。

DSCF4438-11.JPG

標識ばかり撮ってマス。時間がかなりかかってしまったので、先を急ぐことに・・・

DSCF4439-11.JPG

大きな声で話しながら歩いていたのに、鹿に出会ってしまいました!

こちらのほうがビックリ です!

DSCF4442-11.JPG

トトロが出てきそうな森です。

DSCF4443-11.JPG

DSCF4445-11.JPG

DSCF4446-11.JPG

浦島草 らしき草。実がなっているみたいでした。

ようやく下山してきました。

DSCF4451-11.JPG

時間は、もう17:07をまわっていました。

途中、雨というハプニングでヒヤヒヤしましたが無事に下山することができました。

登山道を作ってくださった関係者の方々に感謝するとともに、素晴らしい自然に身をおくことができてとっても充実した気持ちでした。

森のマイナスイオンをたくさん吸収できました。

もちろん体はくたくたでしたけれど。

大倉バス亭から15分ほどで渋沢駅につき、帰路となりました。

おつかれさまでした!


posted by Youyounonbiri at 23:58| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

塔の岳へ行ってきましたA

DSCF4403-333.JPG

三の塔を後にして、再び歩き始めました。

ここからは、下りです。

ギャグ連発の余裕のT隊長になんとかついて行ってます。

DSCF4404-33.JPG

登りで「ひーこら」言ってる私なので、下りはうれしいのですが・・・

ものすごい景色に圧倒されます。

周りは霧がかかっていてはっきり見えないけれど、断崖絶壁です!

隊長は「火曜サスペンス劇場」のオープニングテーマなんか唄っちゃってます。
「ひ〜・・・」汗^-^; 。。。一歩足を滑らしたら大変です!

谷底にまっさかさまです・・・

ここからは気をひきしめて足元もしっかり踏みしめないと危ないです。


DSCF4407-11.JPG

標識にて鳥尾山(1136m)にたどりついたのがわかります。

DSCF4408-11.JPG

空木(うつぎ) がきれいに咲いていました。

汗して歩いても、こんな可憐な自然に出会えると生き返ります。

小鳥の声も聞こえて足どりも少し軽くなります。

DSCF4410-11.JPG

難所 の1つに出くわしました。

探検隊にでもなったかのようです!設置してくれている登山道のクサリを手におそるおそる上ります。

DSCF4411-11.JPG

行者ヶ岳(1209m)通過です。(12:08)

DSCF4412-11.JPG

塔の岳までは、1時間20分と書かれています。

まだまだ歩くのね〜


難所 2つめです!

ネットで登られた方の登山記録で写真では予習してはいたものの・・・

わくわくするような・・・どきどき感です。

DSCF4413-11.JPG

急斜面の岩場を降ります。

危険なので、手にしていたストックも縮めて手荷物もしっかりザック1つにして気合を入れます。

しっかりとクサリが打ち込んであって、降りやすくなっています。

DSCF4414-11.JPG

その後には 雲海の中の道が見えています。

なんとか 無事通り過ぎることができました。

DSCF4416-11.JPG

新大日に到着です!(13:07)お腹も空いてきたので

ちょこっと小休止。

しかし、お天気が気になったので先を急ぐことにしました。

To be continued・・・ 
posted by Youyounonbiri at 20:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。