2006年06月30日

塔の岳へ行ってきました@

6月24日(土)に丹沢の塔の岳に行ってきました。

富士山登山目前となり、気合も入ってきました。

この前、金時山に行き今度はどこに行こうかと迷っていました。

登山用品でお世話になっている「好日山荘」のおニイさまに聴いたら、

「塔の岳」がいいんじゃない?ということで、ネットで調べたらとってもひきつけられてしまい、登ることになりました。

今回は、隊長のTさんと2人です。

小田急線「秦野駅」北口(8:15発)からヤビツ峠行きバス(約45分間)に乗り終点まで。(8:50着)
その日は、山のシーズンからか臨時バスが出ていました。駅に着き、トイレや買い物に時間がかかってしまったので、登山客がバス停にたくさんならんでいたのでその臨時バスに乗ることにしました。

市街をほどなくすぎて山を登るバスの中から見える景色は、初夏の山が青々としていました。
深い谷底までぎっしりと杉の林が並び、鳥の声も聞こえてきます。

その日は幸い梅雨の晴れ間で、よいお天気となりました。 

カーブの道は、急勾配のうえに道幅も狭いところがありいよいよ山の急斜面を登っているのがわかります。

終点に着くと、これから登る人々でにぎわっていました。

ふと見ると登山者の届ける用紙が置いてありました。

初めての経験です。

万が一のため目的コースと名前と住所を記入してそこのポストに投函しました。

その用紙には、登山のための注意書が書かれていました。
「自分の体力と経験に適合した無理のない計画で!・・・etc.」

そのときは、気楽な気分でその用紙に記入しました。

さて、いよいよ登山開始です!(9:30)

DSCF4384-1.JPG

あんなにたくさんいた登山客は、どこの道にいったのでしょう。

大山に抜ける道のほうに行ったのでしょうか。

いつのまにか数人の人しか見当たりませんでした。

DSCF4385-11.JPG

DSCF4386-11.JPG


建て看板には、「表尾根1」と記入してあり秦野市の警察の電話番号が記載されてました。
万が一、遭難したときの指標となるようです。

DSCF4387-11.JPG

登山道情報も秦野ビジターセンターで電話で聴けるようです。





道しるべをたよりにひたすら登ります。

DSCF4389-12.JPG

DSCF4391-12.JPG

坂道は急で、石ころがごろごろしています。


DSCF4392-12.JPG

1時間くらい歩くと開けたところに出ました。
二の塔と呼ばれているところのようです。

DSCF4393-12.JPG


表尾根線 塔の岳まで4.6km をめざします!


急勾配の斜面を登っていくにしたがって、周りは雲っていて景色がよく見えません。

下界は、あんなにお天気だったのに・・・

山の天気は、わかりません。


DSCF4396-12.JPG


三の塔(1205m)に到着です!(11:00頃)

DSCF4398-12.JPG

汗のうえに、霧も手伝ってびっしょりです。

一息ついてみるとうっすら遠くの山々が見渡せて爽快な気分です。

これから行こうとする道がこちらから確認できます。

DSCF4390-12.JPG

登山する小さな人影の背中がちらちらと見えます。


DSCF4397-12.JPG

きれいな蝶が羽を休めにきていました。

私たちも少し休憩して、次の鳥尾山を目指しました。



To be continued・・・









posted by Youyounonbiri at 01:13| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

セントポーリア観察日記36

newleaf2006.JPG

614saint.JPG


5月の末に、うちのセントも増やしてみようと思い、

オプティマラのリーフを挿してみました。

1週間ほどすると根が出るということなので、ちょっとのぞいてみたら・・・

saint614.JPG

根が出ていました!\(^-^)/

roots614.JPG

sain614.JPG

セントポーリア用土に植え替えてあげました。

今度もちゃんと育ってくれるといいな〜

614sain.JPG



614sa.JPG


これは、初代オプティマラタミコの一番大きな葉っぱ。

折れてしまったので、挿してみました。
大きくて、6cmはあるんですょ。
posted by Youyounonbiri at 12:11| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | セントポーリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

金時山へ行ってきましたA

DSCF4308-1.JPG

山頂には、金太郎が道標の上にちょこんと乗っていました。

童謡にあるように、足柄山の金太郎〜♪は、ここで熊にまたがりお馬の稽古をしたのでしょうか。
--------------------------------------------------------------------

その昔、金太郎は幼い頃 熊や猪の待つこの山へ勇んで毎日のように登ってきたそうです。
長じて源氏の大将源頼光に仕え、名を坂田金時と改めたそうです。

ある日、金太郎は大石を落としてしまいました。
この音に驚き、岩に当たって死んでしまった大猪の鼻を金太郎はねんごろにともらったそうです。
金時山は別名 猪鼻山というそうです。
--------------------------------------------------------------------

金時山の頂上には、金時娘さんが切り盛りする金時茶屋があります。

金時娘さんのお父さん(小見山 正さん)は強力で有名な方で、親交のあった作家新田次郎氏は彼をモデルに「強力伝」を発表し、直木賞を授賞したそうです。

金時茶屋は父が建てた山小屋を娘さんが守り、今も登山客に親しまれています。中は、登山客でにぎわっていました。

DSCF4312-1.JPG

小田急箱根高速バスの予約もできるようです。


わたしたちは、外に建てられたイスに腰掛けて一休み。
持ってきたお菓子などをひろげて しばしおやつタイムをとりました。

10:45 今度は、乙女峠をめざし下山コースです。

DSCF4316-1.JPG  DSCF4318-1.JPG

アップダウンが続き、これで下っているの〜?と、聴きたくなるようなけわしい登り道も続いたりします。

DSCF4319-1.JPG

まわりの景色は、少し晴れてきたようでした。

DSCF4320-1.JPG

高山植物がかわいい。

DSCF4322-1.JPG

ひめしゃらの木がすくっとひときわきれいに目立ちます。

DSCF4323-1.JPG



額に汗して登ったり降りたりを繰り返していると・・・

DSCF4329-1.JPG

山頂で見ることができなかった富士山を見ることができました!


DSCF4330-1.JPG


長尾山頂を通過です。11:30頃

開けて明るくなってきました。

DSCF4331-1.JPG

快調に進んでいきます。みんな 元気 元気〜p(^-^)q 早いこと・・・

DSCF4332-1.JPG

山つつじもきれいに咲いていました。

DSCF4333-1.JPG

木の根も苔むして、きれいです〜

DSCF4339-1.JPG

12:00 乙女峠に着きました!

DSCF4348-1.JPG

ここでも富士山がきれいに見られました。

富士山をみながらお昼が食べられるなんて、しあわせ〜\(^-^)/

富士山が見えるポイントでいいカンジに木のベンチが設置されていました。






*乙女峠*
昔、千石原の娘が父親の病気を治そうと地蔵堂にお参りし、清願の日に父親は治りましたが娘は雪に埋もれて死んでしまったと伝えられているそうです。

DSCF4343-1.JPG

ここには、富士山をバックに写真を撮れる撮影台が設置されています。

DSCF4350-1.JPG

12:40 写真も撮れたので、いよいよ下山していきます。

DSCF4351-1.JPG

まだ、急坂も少しありました。


DSCF4352-1.JPG

DSCF4353-1.JPG

コースは、木の根があらわになってかわいそうなところもありました。
新たなコースも設置されようとしていました。

DSCF4354-1.JPG

ここまで来ると、国道(138号)を走る車の音が聞こえてきます。

DSCF4357-1.JPG

やっと国道に降りてきました。

下りのコースのほうが、わりとなだらかで歩きやすかったですネ。

DSCF4359-1.JPG

登山コース案内板で確認です。

DSCF4361-1.JPG

13:45 もとの金時神社の駐車場着。

おつかれさまでした〜



山の空気はおいしくて、鳥の声に耳をすまし体に森の栄養をいっぱい吸収してきました。



隊長のTさん、Nさん、Kさんご夫婦のおかげで楽しく励まされながら登ることができました。
大変にありがとうございました。

あこがれの富士山をめざして、まだまだ修行は続きます。





























posted by Youyounonbiri at 00:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

金時山へ行ってきました@

先週の6月4日(日)に、富士登山チームの隊長Tさん、Nさんと箱根の外輪山の金時山に行ってきました。


天気が心配されましたが、その日は幸いにもよいお天気となりました。

みんなの日頃の行いがよかったせいですネ


今回は、隊長の友人のKさんご夫婦もご一緒でした。
Kさんのご主人の運転で登山口まで車に乗せていただました。

感謝でございます。m(_ _)m

7:00頃地元を出発して、東名高速道路にて7:50頃 御殿場通過。
やっぱり車は早いなぁ〜(*^^*)


8:20頃 金時神社入り口 出発です。
金時神社は金太郎伝説で有名な坂田公時を祀っている神社です。

hakonebara.JPG

箱根バラが清楚に咲いていました。



start64.JPG

朝の空気は澄んでいて、気持ちがよかったです。

start1.JPG

DSCF4290-1.JPG

金時宿り石」と呼ばれている大きな石が目の前に! 大きくて、ビックリ!

flower64.JPG

登山道の脇には、きれいな花が咲いていました。

かわいらしい鳥の声も これからの登りの励みになりました。

gr64.JPG redgr.JPG

地面はところどころ赤く、火山灰の溶岩の瓦礫がごろごろしていました。


DSCF4296-1.JPG

9:20頃 千石原からのコースとの合流点通過です。

ここまでは、かなり上り坂でキツかったです。ちょっと一休み。

DSCF4297-1.JPG

「待って〜 」^-^;

DSCF4299-1.JPG

DSCF4301-1.JPG

斜面は、ガスっていて景色がはっきり見えませんでした。

DSCF4302-1.JPG

「ハイカーのみなさんへ」という注意をうながす看板が建っていました。

DSCF4303-1.JPG

可憐に咲いている路傍の花に元気づけられます。



9:50頃 頂上に到着です!\(^-^)/

DSCF4306-1.JPG


DSCF4307-1.JPG

山頂は、登山客たちでいっぱいでした。

天気がよければ、山頂から富士山がきれいに見えるはずでしたが、けむっていて見えませんでした。

つづく・・・












posted by Youyounonbiri at 01:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

日々トレーニング

富士登山へ向けて、健康に注意しつつモチロン不摂生もしないよう・・にということで、

寝不足にならないようにblogの更新もオヤスミしていましたが

ちょこっと更新です。

mybicycle.JPG

冬に買った自転車。

暖かくなったら乗ろうと思いつつ、車でばかりの毎日なのですが

思いきって裏の山までトレーニング(?)試乗にひとまわりしてきました。


sunset531.JPG

今日の太陽は、でっかく見えました。



「おーい、富士山〜 待っててね〜」

富士山は見えないけど、(心の中でつぶやいてみる・・)

夏までに体力をしっかりつけなければ!

もう、気分は登山モード突入です。


posted by Youyounonbiri at 00:53| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MさんのリーフE

530saint.JPG

Mさんからいただいたストロベリーウェーブ、

どんどん大きくなってきました。



newleaf.JPG

マジックチャームスも少しづつ成長がみられます。


posted by Youyounonbiri at 00:33| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | セントポーリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。