2006年04月30日

春の宴@横浜西口辺り

赤坂御苑では春の園遊会が開かれたようですが、

おとといは先輩のYさんと横浜西口にあるYさんのお知り合いの酒菜月(さかなつき)さんにて春の宴会に参加して参りました。

Yさんにお会いするのも、飲むのも(いぇ、ホントはあまり飲めません)久しぶり〜

200604292240000.jpg


前菜の鹿児島の新たけのこにはじまり・・・
焼き物とか






200604292242000.jpg



お皿を出されながら品々の説明をていねいにして下さいましたが・・・





200604292237000.jpg



ほろ酔い気分と女性同士の会話で盛り上がってしまい・・・ちっとも覚えてません。m(_ _)m


しかし、日本酒にとっても合いそうなお料理です♪



otsukuri.JPG


和食のとてもおいしい料理屋さんでした。

なにより日本酒の銘柄の多さにオドロキでした。

幻の銘酒とか・・・あるのね〜






*** 酒菜月さん
http://r.gnavi.co.jp/a005900/




お店を出て酔いを醒ましながら歩くと、ちょっと寒いくらい。
春の風が心地良かったです。

Yさんとまたの再会を約束して春の宴はお開きとなりました。

Yさん 楽しいひと時をどうもありがとうございました!



200604292235000.jpg


駅まで歩いて小腹が空いたので、CIALにある紅虎餃子房のタンメンで〆ました。


チャンチャン-♪













posted by Youyounonbiri at 23:48| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | FOODS & DRINKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チョコレートフォンダン@きょうのおやつ

chocofon.JPG


4月から、うちの会社にKさんが入社してきたので、

このあいだ 女性同士、プチ歓迎会をしました。

この前まで、ジョリーパスタだったのに・・・

いつのまにか陽介という和kitchinのお店になってました。

おいしい和食がメインで、パスタもあって女性に人気がありそうなメニューがたくさんでした。

おしゃれなカンジのこのお店でデザートに食べたのが、これ。

あったかいチョコレートケーキに冷たいバニラアイスが。

食べている間に溶けてきて、微妙な温かさと冷たさのまざったおいしいデザートでした。

Kさん これからよろしくお願いしますヽ(^o^)ノ

ちょこっとCMしてあげちゃうと・・・
*陽介
http://www.sundays-sun.co.jp/yosuke/top.html



posted by Youyounonbiri at 22:57| 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | FOODS & DRINKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MさんのリーフC

Mさんからリーフを送っていただいたのは、1月26日でした。

newleaf.JPG


ポストに届いているのを発見したときは、感激でした-☆







new1.JPG


マジックチャームスとストロベリーウェーブ、アイリッシュフラートです。






new2.JPG


ほんとは専門のミリオン&ビーナスライトというものに挿すと成功率がいいそうですが・・・うちにはまだなかったので、用土挿しでした。







new3.JPG


セントポーリアにくわしいMさんがリーフを分けてくださるとのことで、お願いしたのはいいけど・・・


ちゃんと根着くかどうかが とても気になってました。

待つこと約3ヶ月。

こうして、やっと芽が出てきてUPできてよかったです。\(^-^)/

saint425.JPG

マジックチャームスです。毎日、芽がどんどん成長しているのがわかります。

こうして見ると、先に挿した葉っぱも大きくなっているみたいです。



425saintp.JPG

ストロベリーウェーブも、先に出た芽の下から小さな新たな芽がのぞいています。


425saint.JPG

我が家の一番選手のオプティマラ タミコ も健在です! 

毎日、新芽の成長が見られるのが楽しみです。



posted by Youyounonbiri at 22:39| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | セントポーリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さくらんぼ@河津桜

200604252344000.jpg

会社のそばの公園の河津桜を久しぶりにのぞいてみると・・

ありました!

さくらんぼが!

奇しくも定位置から植え替えられてしまったので、心配していましたが

今年もちゃんとさくらんぼをつけてくれていました。

spring2006.gif青春ぶろぐ桜花ぶろぐ tbp01632-0sakuragumi.gif



posted by Youyounonbiri at 20:00| 🌁| Comment(4) | TrackBack(3) | 桜花・青春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

大山に行ってきましたB

熊笹のたくさん生えている斜面の中のけわしい石段が続きます。

上に行けば行くほど、足が重くて(体が!)・・・

早くから登った人々はもうどんどん降りてきます。

「がんばって〜、あと少しですよ〜」なんて、声をかけてくれる人もいて、

汗をかきながら必死で登りました。


のこり8丁をなんとか登りきりました!


oyamatop.JPG

oyama.JPG

大山頂上本社 標高1247m
(地図は、1251mと表示されてマス)

到着の時間はというと、13時ジャストです。

もっと遅いかと思いましたが・・・下社から約1.5時間です。

私たちは、おじさんが言っていた標準の足のようでした!\(^-^)/

view5.JPG
クリックすると大きくなります。4枚合成

v1.JPG


頂上からの眺めは、雄大です。
上からの眺めはすばらしい!ぐるっと海まで見渡せました。

この景色を見たら、今までの疲労がいっぺんでふっとびました。

お昼のお弁当はおいしくモリモリ食べられました。

たくさんの人が思い思いにお昼を食べています。
ミニコンロでお湯をわかして、ラーメンなんて食べている人もいました。
山頂は、風が強かったので暖かいものがいいですね。


少し休憩して、こんどは下りです。13:40出発

トイレ脇に「野生の鹿に注意」という立て札がありました。

私たちは、登ってきた道とは違う見晴台というところを経由して日向薬師方面の道を行きました。(大山・九十九曲がりコースというらしいです。)

見晴台というところは、その名前だけあって辺りが開けて山の峰々がよく見渡せるすばらしい景観のところでした。14:45着


ここではおやつタイムで小休止。
いい具合に、木のテーブルとイスが並んでいて、登山のサークル集団の方々が休憩していました。

oyamasaku.JPG

ところどころに小ぶりの大山桜が見られました。

途中、横浜のランドマークまで確認できるポイントもありました。

下りといえども、急傾斜のところもあって滑らないように気をつけて歩きました。

登山の人々のために丸太で階段をつくって山道を整備した方のご尽力に感謝です。

九十九曲がりコースというだけあって、自然豊かな山道をひたすら降りていきます。

sumire.JPG

途中、スミレが斜面にたくさん咲いていました。

こちらのコースは、登ってきた時と違ってあまり人が通りません。

山を降りきったところで、「熊に注意!」という看板が!

(へぇ〜、知らなくて良かった〜)

地上に降りて、今度は下から見上げる遠くの山々は、祖父母の住んでいたなつかしい景色に似ていました。

雄大な自然の中、畑や田んぼがあって心がなごみます。
「猿に注意」という看板が!
畑が、猿に荒らされないようネットが張ってあるところもあります。

自然と共生するのも、大変なんですね。

川沿いの道では、マス釣りやバーベキューができるところもあり、また来たいなぁ〜と、思いました。

新緑が鮮やかで、山も喜んでいるようでした。

約2時間ほどで日向薬師バス停に到着です。(16:40)

くたくたの体でしたが、バスは始発なので乗る人も少なく座れてホッとして伊勢原駅までの帰路につきました。

oyamasakura.JPG

大山登山は、きつかったけれど登りきった達成感と爽快感は、たまりません。

日頃の運動不足を痛感した私ですが、

忘れられない思い出の一つになりました。

Tさんと語り合いながら、大変楽しく行けました。

Tさんありがとうございました!

なにより、無事に帰れてよかったです。

これに懲りずに、またがんばりたいと思います。(p^-^)p ファイトq(^-^q)

自然を求めて、いろんなところに行きたいなぁ〜

それには、体力づくりね。p(^-^)q

*丹沢・大山へは、小田急のフリーパスというお得なキップ(2日間有効のフリーパス)があるようです。
posted by Youyounonbiri at 01:49| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

大山に行ってきましたA

shimosya.JPG

view.JPG

天気がよくて、はるか湘南海岸が見渡せました。

さあ、これからが本番です!

安夫利神社下社をあとにして、急な坂が見えてきました。

たしか小学校5年生の頃、登ったことがありますが・・・
下りはひざがガクガクしてしまって、かなりハードだった記憶があります。

さきほどのお店のおじさんが、「28丁目までめざしていくんだよ」と、おしえてくださいました。

出発は、11時30分。標準の足だと約1時間30分ほどで山頂に着くそうです。

4th.JPG

4丁目にさしかかりました。

こんな石の標識がところどころに立っていて、登る目安になります。

林の中は、急な坂道とごろごろとした大きな石段がつづきます。

もう既に早くから登った人たちがどんどん降りてきます。

「こんにちは〜」と、山の人々と挨拶をかわしお互いに道をゆずり合いながら通過します。

急な坂道で、ぜいぜい息もきついのでこちらは必死です。

登っても登っても、まだまだ急な坂道。汗だくになりながら、ひたすら登り続けます。

7th.JPG

meotosugi.JPG

樹齢5、600年を経ている縁起のよい夫婦杉に出会いました。

大きかった〜!

oshimasak.JPG

ところどころに大山桜が出迎えてくれ、しばし疲れも忘れさせてくれます。

14th.JPG

14丁目、やっと半分まできました。
ぼたん岩って、彫ってあります。名所のようです。

だんだん足も疲れてきました。

すると、「がんばって〜 もうすぐ景色がよいところに出ますよ〜」なんて
もう頂上についたのかと錯覚してしまうと・・・

viewoffuji.JPG

富士山がみごとに見えました!

山頂は、光り輝いているように見えました。



fujimi.JPG fujimidai.JPG


20丁目、富士見台 標高1062mです。
立て札には、
大山の中で、ここからの眺めは絶景であり、江戸時代は浮世絵にも描かれ茶屋が置かれ、来迎谷とよばれている。とありました。

昔の人もこの景色を見て、しばし足をとめて観ていたんですね。

この景色を見たら、疲れも吹っ飛びました。
辺りでも写真を撮り合って 皆元気を取り戻しているようでした。

ここまできたら、あと少しと・・・
一休みして気合を入れて、また山頂を目指しました。

posted by Youyounonbiri at 01:19| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

大山に行ってきました@

trashoe.JPG
4/22(土)に丹沢の大山に行ってきました。

前の週は雨で中止となってしまい、この日は天気予報では「バッチリ晴れ」だったので、急遽 念願だった大山にTさんと行くことになりました。


たのもしいASICSのmy登山靴デビューです。






小田急線の伊勢原駅より、大山ケーブル駅まではバスです。

バス停にはたくさんの登山客でいっぱいでした。

バスを待つ間、空にはひこうき雲が!

20060422sky.jpg

元気に出発できそうな気がしました。

駅周辺の市街地をぬけると、だんだんと急坂となり少しづつ山を登っているのがわかります。

45分ほどで、終点に着きました。

trashoe.JPG

いよいよ登山開始です。

start.JPG

おみやげ屋さんの立ち並ぶ坂道の参道を抜けていきます。
とうふ懐石とか、しか鍋・しし鍋とか書かれたお店もあります。

にぎやかな通りを過ぎ、追分からは女坂・男坂という道が分かれています。


onnasaka.JPG  yaesakura.JPG


私たちは、ややなだらからしい(?)女坂へ

20060422clover.JPG

山のクローバーは、ちょっと形が違って見えました。

途中、浦島草とよばれるへびが首をもたげたような色も形もあやしげな草がたくさん見られました。(家に帰って調べみたら名前が判明)
写真を撮ったはずなんだけど・・・消してしまったみたい。

20060422sakura.jpg

こちらは、大山桜と呼ばれる桜のようです。

花は、こぶりでちっちゃめでした。
平地に比べて寒いから開花時期も遅いようです。

大山で桜が見られて、感激でした。

登山道には、ところどころに看板が立っています。

kobousui.JPG  kobouwater.JPG


sevensecret.JPG

弘法大師にまつわる言い伝えがあるようです。

大山は、ハイカーたちの集まる登山だけでなく昔から「あふり山」「雨を降らす山」の意味で、山頂にある安夫利神社は江戸時代から庶民の雨降り信仰を集めたそうです。

30分ほど登っていくと大山寺に。
本尊「不動明王像」は、成田、高幡と並ぶ関東三大不動のひとつだそうです。

かわらけ投げとか鐘つきとかができるようです。

そこからの眺めは、けっこう高くまで登ったかな〜と、一息つけました。

いい汗をかきながらさらに30分ほど登ると開けた場所に。

安夫利神社下社の下には休憩所が数件並んでいて、私達を歓迎してくれました。

おだんごやらおそばやらおいしそうなものがたくさんです。
立ち寄っていくようおじさんおばさんたちがにこやかに出迎えてくれました。

ここで小休止することに。

tofusoft.JPG

Tさんはカップのとうふアイス
わたしは、とうふソフトなるものをたのんでみました。

豆乳をソフトにしたカンジで、栄養が体にしみわたり今までの疲れが少し回復したようでした。


元気になったので、「行ってきま〜す」と、山頂をめざして手を振って再び出発しました。

posted by Youyounonbiri at 21:46| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Project Mt.Fuji | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

MさんのリーフB

magiccharms.JPG

Mさんにいただいたリーフ、ストロベリーウェーブに次いでマジックチャームスも芽が出てきました!

わぁーい\(^-^)/

毎日観察していて 昨日までは、出てなかったのに
 
mgcharms.JPG

ピンクの矢印の先のうすい緑色がそうです。

saint420.JPG

左の鉢が先に芽が出たストロベリーウェーブです。

セントポーリアは、一枚の葉っぱを挿しておくと挿した先から根がついて新たな新芽を出してくれるんですょ。

ますますこれから とっても楽しみになってきました。
posted by Youyounonbiri at 00:40| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | セントポーリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

3万日

sakura47.JPG

桜の花の最盛期は、もうとっくにすぎていつのまにか若々しい新芽の季節となりました。

季節の過ぎるのは、早いものです。
時間の過ぎるのが早いということでもあります。

あるとき、ちょっとおもしろいことを聴く機会がありました。

現代女性の平均寿命は84歳なんだそうですが、
これは約3万日なんだそうです。

実際に、自分でも計算してみましたが、84×365=30,660 という
答えでした。

あ〜 3万という数字は、数字にしてみるとあっけないものです。

あと何日生きられるかわからないけど、3万という数字を途方に長いものと考えるか、
わずか3万と考えるか・・・

私としては、なんだ〜 3万日しかないのね〜というのが正直な気持ちなんです。

密度の濃い、凝縮した3万日にしていきたいと思うのでした。

実際、もう既に何分の1かは、使ってしまっているんですけどね。(^_-) −☆



posted by Youyounonbiri at 00:19| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

MさんのリーフA

417saint.JPG

ストロベリーウェーブの新芽が、葉っぱらしくなってきました。
posted by Youyounonbiri at 00:25| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | セントポーリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

Mさんのリーフ

ネットで知り合いになったMさんより送っていただいたセントポーリアのリーフ、

ストロベリーウェーブのおチビちゃんの芽が出てきました!

saint48-1.JPG

拡大すると・・・

chibi48-1.JPG


(土があまりきれいではありませんが・・・)

アップにすると、ちっちゃくてもチクチクしたうぶ毛も見られました。

\(^-^)/ すくすく育ってくれるといいな〜

Mさんに報告しなきゃ・・・
posted by Youyounonbiri at 22:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セントポーリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡のマンホ

2006040116460001.jpg

友達のTさんが、私がマンホの写真を撮っているのを思い出してくれて、

静岡に行ったときに写真を撮ってきてくれました。

市の花 たちあおいという文字が見られます。

水色の花がかわいらしいです。

Tさん、どうもありがとう!


*** 躊躇しないでマンホの写真を撮っていたかいがありました!

友達の前でも せっせと、そして堂々とマンホの写真を撮ることが大切だなぁと実感しました。(*^^*)


*これまでの私のみつけたマンホなどです。

→  http://nonbiris.seesaa.net/category/108853.html

 http://blog.drecom.jp/youyounonbiriprof/category_17/


manhobn  tbmanhobn
posted by Youyounonbiri at 00:48| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | マンホール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。